味鋺歴史研究会

アクセスカウンタ

zoom RSS 味鋺古墳群について

<<   作成日時 : 2009/05/23 22:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「味鋺神社(名古屋市北区)」について」について
味鋺神社の伝承的由緒は祝詞形式で伝わり、味鋺地域には古墳が百塚在ったと言われ、近隣も含めると180余所諸墳墓があったと言う。明治17年地籍図初め地元古老の情報重視で研究調査により前方後円墳5基(5世紀か)、円墳18基(4世紀後半か)、不明18基(円墳か)総計41基確認した。当時、愛知県土木課課長であった小栗鉄次郎氏は昭和10年「愛知県史跡名勝天然記念物調査報告・第13の『西春日井郡楠村大字味鋺付近の古墳及び遺物』で味鋺の古墳を述べている。神明社があった伊勢山古墳は記述不足で、天保12年の村絵図には記載あり、又、白山薮古墳は南山大学人類学研究所中山英司教授の下昭和25年9月に発掘され、名古屋北部最大の前方後円墳『味鋺大塚古墳:丘長100m以上周濠含め140mか』が昭和5年頃残っていたし、村絵図にも記載ある。岩屋堂観音山古墳も記載されている。味鋺長塚古墳も現在痕跡が残っている。これらの発表は名古屋東アジア史研究会、古代遊学会にて平成20年「味鋺古墳群を見直す」、平成21年「味鋺大塚古墳は名古屋北部最大の前方後円墳か?」報告済である。尾張連味鋺(うまし)栄太郎より。

Copyr

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
味鋺古墳群について 味鋺歴史研究会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる